2016年ダービー予想 勝つのはディーマジェスティ

      2016/06/09

日本ダービー

どうも、でこぽんです。
皐月賞はディーマジャスティが勝ちましたね。
クラシック始まる前はハイレベルな3強対決が予想されましたが。

しかし、皐月賞も大事ですけどやっぱり競馬といえば日本ダービーです。
競馬の祭典日本ダービーを制覇することが競馬関係者の夢であり、ファンもダービーに熱中します。

私もダービーは無茶苦茶好きです。
もういきなりダービー予想を始めてしまい、1か月先のダービーに胸躍らせています。
気が早いもんですね、我ながら。

そして、無謀にも2016年の日本ダービーに関する予想と感想を書きたいので、
今年はどんなダービーなのか、ダービーってどんなことなの、見所は?
良かったら見て下さいね。

ちなみに応援している馬はディーマジェスティ、エアスピネルです。
蛯名騎手の初ダービー制覇を応援してます。
アイドリームドアドリーム 系が好きなので、エアスピネルも応援しています。

 

 

3冠馬誕生はあるのか?

皐月賞を制覇したディーマジェスティしか3冠馬になれる資格がありません。
そのディーマジェスティですが、3冠馬になれるのでしょうか?
今年は3冠馬が出やすいサインが出てます。

とりあえず、能力うんぬんよりも都市伝説のようなデーターを参考にすると。

 

3冠馬が誕生する5月29日の日本ダービー

なんと5月29日、日本ダービーが開催された年は三冠馬が生まれやすいのです。
しかも平成に入ってからは100%の確率で3冠馬が誕生してます。

 

5月29日のダービー開催日の三冠馬
  • 1994年5月29日、日本ダービー ナリタブライアンが制覇。
  • 2005年5月29日、日本ダービー ディープインパクトが勝利。
  • 2011年5月29日、日本ダービー オルフェーヴルが勝利。

 

上記の3つが平成になってから開催された5月29日の日本ダービーです。
見事なまでの3冠馬の法則発生してます。

こうなるとディーマジェスティに期待しちゃういます。

このジンクスは今年も発生するのでしょうか?
それとも、ディーマジェスティが負けてジンクスは崩壊するのでしょうか?

 

まあジンクスとか敗れるために存在するとも言えます。
同時にジングス通りになってしまうこともあります。

 

サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズ3強の巻き返しはあるのでしょうか?
目が離せません。

 

2冠馬の次に3冠馬が来たのは1回のみ

去年2冠馬となったドゥラメンテ。圧倒的な強さを見せながらダービー後に故障。
惜しくも3冠馬誕生の可能性はなくなりました。

しかし、2冠馬です。とても凄いですよ、本当に。
2冠馬が誕生した後に、3冠馬が誕生したことは1回だけです。

その1回はシンザンの時です。
シンザンの前年はメイズイが逃げまくって2冠までは制覇しましたが、菊花賞で敗北。
翌年の1964年シンザンが戦後初めての3冠馬になります。

 

2冠馬の次に2冠馬の可能性はあるのですが、
2冠馬の次に3冠馬になったのはメイズイ⇒シンザン。

はたしてディーマジェスティはシンザン以来、
前年2冠馬の3冠馬になるのでしょうか?


ダービーで勝てる馬は乗り替わらない

ダービー馬となった歴代の馬は基本的に乗り替わりがありません。
全走と同じ騎手が乗ります。
乗り替わりの馬はダービー馬になることができない可能性が大です。

調べたから、むしろ1頭もいませんので。

平成になってからは前走乗り替わりの馬はダービーを制覇できません。

 

ダービーを勝てる能力がある馬ならば、騎手は意地でもおりません。
だって、ダービージョッキーになりたいからです。
何回でも勝ちたいと武豊も言っていました。

 

調教師も馬主も騎手もみんなダービーを勝ちたいのです。
だから、絶対に騎手はダービーを勝てると思った馬に乗ります。
調教師も勝てそうな騎手に手綱を任せるのです。

 

逆に勝てそうもない馬は、騎手がこの馬では勝てないと判断されてしまいます。
そして勝てない馬に勝てない騎手が乗ってしまうのです。

ダービーを勝てる馬=騎手が前走と一緒

代打騎乗で勝てるレースではないということです。

 

Sponsered Link

 

ダービーを勝てる血統を調査したら

60回開催の日本ダービーの勝ち馬の血統を調べてみました。
そうしたら、意外ととんでもないことがわかったのです。

まず、第一に勝った馬は重い血統の馬を従えています。
特にリボー、グレイソブリンの血統があるのがポイントです。
軽いだけではちょっときついのが日本ダービーと言えるでしょう。

そして以外にも日本で有名なノーザンテーストを内包している馬が2頭しかいません。
ほとんどの勝ち馬にノーザンテーストが血統内にいないということです。
オルフェーブル、ドゥラメンテだけだと思います。

 

ノーザンテーストは駄目だと判断しました。

※:ダイナガリバーは昭和なので省きました。

 

そう考えると、血統的にまずいかもしれない馬がいますよ。
それでは、ダービー馬を占う血統予想をしちゃいます。
血統が全てとはいいませんが、参考にはなると思うのでどうぞ。

 

エアスピネルの血統から漂う距離不安

エアメサイヤはオークス2着と健闘しました。そして秋華賞を勝ちました。
母となり4頭目がエアスピネルです。
父はダービーとNHKマイルを制したキングカメハメハです。

 

オークスと日本ダービーは同じ東京2400Mなので、
ダービーとオークス2着馬の配合なら、日本ダービーを勝てそうな気がします。
しかし、私は距離不安でどうもエアスピネルがダービーを勝てるとは思えません。

 

エアスピネルの母の父サンデーサイレンスそして母母父がノーザンテーストです。
サンデーサイレンスとノーザンテーストの配合は距離がマイルや中距離で能力を発揮します。
ダイワメジャーや デュランダルに代表されるマイルの鬼が誕生しますが、
ダービーの距離はとても不安です。

 

そもそもサンデー×ノーザンテーストの配合はクラシック級の大物が期待に反して、
さっぱり出ませんでした。



サンデーもノーザンテーストもどちらかといえば、中距離の馬です。
日本ダービーではトニービン、グレイソブリン系、、在来牝系の力がないと厳しいのでしょう。

スタミナのある血統が必要なんです。

 

去年の2冠馬のドゥラメンテは母母父にトニービンがいます。
トニービンは府中の鬼と言われ、重い血統がある馬です。

 

3冠馬のオルフェーヴルはノーザンテーストの3×4のインブリードがあります。
しかし母父が天皇賞春2連覇のメジロマックイーンです。
メジロマックイーンは親子3代の天賞馬なので、スタミナには絶対に自信があるのです。

 

このようにノーザンテーストが血統内にいる馬2頭は重厚なスタミナを従えています。
エアスピネルの血統を見ても、スタミナ馬があんまり見当たりません。
残念ながら、血統的には厳しいと私は思います。

キングカメハメハもそこまでスタミナが持つ種牡馬かというと・・・。
やはり牝馬の支えがあってこそダービーを走らせる種馬だと思っているので。

 

もしかしたら、武豊の好騎乗で一発あるかもしれませんけどね。
勝って欲しいのだが・・・。

 

エアスピネル応援するぞ

 

サトノダイヤモンドも血統的に不明

サトノダイヤモンドはアルゼンチン産のマルペンサの初めての子供です。
皐月賞まで無敗で来ましたが、惜しくも3着で負けました。

血統を見ると、父は3冠馬のディープインパクトです。
母はマルペンサというアルゼンチンで凄く強い馬です。

しかし、これは血統を見ると、血統的に重そうな馬がいません。
重い馬を探すのが大変な馬でしょうね。

あんまり重くないのですが、あえてあげるなら
デビルズバック(Devil’s Bag)が遠くにいるぐらいです。
デヴィルズバッグ(Devil’s Bag)の母父がエルバジュですからね。
(全然重くないのですがね

あとリボー系もいますが、5代前ではちょっと影響力がないと言えます。

母母母父のLogical が重そうですが、これも遠いのではないでしょうか?

 

母母父のサザンヘイローは南米でSスピード種牡馬として活躍したらしいのです。
母父のOrpenは早熟のマイラーで2歳戦では活躍しましたが、
3歳になってからは勝利することができずに引退しました。

そしてOrpenの父親もマイルで活躍をした馬です。
付け加えてOrpenの従兄弟にはマキャヴェリアンという短距離血統です。

少しくらいスタミナ馬はいないのかよと思わずにはいられません。

 

東京競馬場2400Mの適正があるのか?
気性が良いので、折り合いとかで何とかなるのか
とても疑問なのは私だけでしょうかね。

サトノダイヤモンドのダービー予想

 

リオンディーズ「テンションあがってきた」

リオンディーズの血統背景はバツグンです。
ダービーをレコードで制した父キングカメハメハ
母はオースク馬のシーザリオ
母の父はダービーのスペシャルウィーク

そして兄のエピファネイアはダービー2着で同じ舞台のジャパンカップを制覇。
血統だけで評価したら、もう言うことありません。

しかし、兄エピファネイアと一緒で気性が悪いのです。
もう走ってみないとわかりません。

 

「お兄ちゃんの無念を晴らします!!」

 

 

マカヒキは血統的に持つのだか、適性がないはず

マカヒキの血統はディープインパクトにフレンチデピュティです。
ディープは母父ストームキャットでもダービー、オークス馬を出しました。
フレンチデピュティでも大丈夫そうですが。

ショウナンパンドラも母父フレンチデピュティだし。
距離は持ちそうなんだけど。

どうもレインボークエストが問題です。
レインボークエストはヨーロッパではスタミナ種牡馬と言えますが、
日本での適正はイマイチです。

 

レインボークエスト系がダービーであんまり走る印象ありません。
しかも姉のウリウリは短距離馬。

 

どうも血統的にはキツそうです。

 

ディーマジェスティは血統的に信頼できる

ディーマジェスティの父はディープインパクト。
母の父はブライアンズタイムです。

日本競馬で大活躍した種牡馬なので、距離は問題ありません。
ブライアンズタイムならリボーもありますからね。

 

しかもスタミナ馬のサドラーズウェルまでいます。
ダービーを勝ったメイショウサムソンの祖父です。

 

血統的にはどう考えても距離は持ちそうです。
やはり、ディーマジェスティが勝つでしょう。

 

人気の高い馬が勝ちやすい

ダービーは3番人気以内の馬がほとんど勝ちます。
東京2400M、直線が長いガチンコ対決になるのです。

平成以降で4番人気以下で勝った馬は

  • エイシンフラッシュ・・・7番人気
  • サニーブライアン・・・6番人気
  • フサイチコンコルド・・・7番人気

となっています。

1番人気は連帯、複勝率も高いので、人気薄の馬が大波乱を起こしません。
10番人気以下の馬が勝ったら、競馬場騒然間違いないなし。

 

1月生まれのダービー馬など存在しない

ダービー馬になった中でもっとも早生まれなのは
フサイチコンコルドです。

2月11日生まれです。

1月生まれのダービー馬はいません。
ゼロです。

サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズ
三強は1月生まれなので、サヨナラです。

ディーマジェスティは3月24日生まれです。
ここ10年では、3月生まれが1番勝つ確率が高いのです。

生まれの日本ダービー割合
  • 3月生まれ・・・5勝
  • 4月生まれ・・・2勝
  • 5月生まれ・・・2勝
  • 2月生まれ・・・1勝
  • 1月生まれ・・・0勝

 

3月生まれ組は強いですね。

ドゥラメンテも3月生まれでしたね。

1月生まれは勝てない
そして3月生まれはよく勝つ

いや~ディーマジェスティおいしいですね。

 

1枠1番の馬が勝つ

 

ディーマジェスティの枠はなんと白い帽子の1番です。
ここ最近では、ダービーを勝つ馬はだいだい1枠なんだぞ。

15年前くらいは3枠あたりが場所を取れて、良かったのですがね。
今は内枠、特に1枠1番が有利なんです。

ちなみにダービーを1番で制した馬のデータです。

 

1枠1番でダービーを制した馬
  • 08年ディープスカイ
  • 09年ロジユニヴァース
  • 10年エイシンフラッシュ
  • 13年キズナ

 

ここ最近で4勝もしてます。これは有利とみていいでしょう。
キズナの時は高速馬場で、ロジユニの時は超重馬場でした。

馬場に関係なく1枠だと可能性が高いはず。
もはやディーマジェスティのダービー制覇は確実だろうな。

 

勝利は見えたな。

蛯名正義悲願のダービー制覇なるか!?

一昨年イスラボニーターで日本ダービーまであと一歩の所まで迫った蛯名騎手。
皐月賞を制したイスラボニーターの番組特集でダービーに対する意気込みを語っていました。
年齢的にも最後のチャンスかもしれないと言っていた蛯名騎手です。

 

結局イスラボニーターはダービーで惜しくも2着・・・。
蛯名騎手のダービー制覇は夢のままで終わるのかと私は勝手に思ってましたが

 

しかし、今年ディーマジェスティでダービーを狙えます。
蛯名騎手はディーマジェスティでGⅠ24勝利になりました。
その24勝の中にはまだ日本ダービーが含まれていません。

 

蛯名騎手は1987年に騎手デビューをしてから、なかなかGⅠを勝利できませんでした。
同期の武豊がGⅠを勝利しているのに、蛯名騎手は運がなかったのか負けまくり。
勝ったのは96年のバブルガムフェローが初GⅠ勝利でした。

私の好きな馬であるエルコンドルパサーの主戦騎手でした。
(スペシャルも好きなので、ちょっと複雑な気持ち)

その後もアパパネやマンハッタンカフェなどの名馬に騎乗して、ビックタイトルを制覇します。

しかし、ダービーは2012年フェノーメノ、2014年イスラボニーターで惜しくも2着。
そして今年の2016年ディーマジェスティは何着なのか?
はたして蛯名騎手は日本ダービー勝利の喜びを得ることができるのか?

また2着だったら、2度あることは3度あるですよね。

 

まとめ:私の予想はディーマジェスティ

私はディーマジェスティは正直皐月賞が無理だと思ってました。
さすがに大外枠では、レースセンスと器用さが求められる中山ではキツいと判断。

しかし、結果は末脚を爆発させて差し切りました。

レースもかなりタフな流れだったのでダービーも勝てるでしょうね。
血統的にも問題ありません。

蛯名騎手頑張れ~!!

結果は3着でした。なんでしょうか。

それでは、でこぽんでした。

 

 - 競馬, 日本ダービー