豊臣秀吉は「とよとみのひでよし」が正しい読み方である

      2016/06/09

どうも、デコポンです。
信長の野望やゲームで武将を設定する時に、源氏や平家を設定しますね。
源氏なら大将軍になれるから、源氏にする人も多いと思います。私もそうですが。

戦国時代に源氏や平家、藤原氏を自称する大名がいっぱいいます。
織田信長も平家を名乗ったり、家康は藤原から源氏に変えたり。
何故名前がコロコロ変わっているの?わけがわからんと思う人はちょっと私の記事を読んでください。

源平藤橘は由緒正しい

あなたは歴史の教科書で不思議に思いませんでしたか?
源義家(みなもとのよしいえ)
平清盛(たいらのきよもり)
藤原道長(ふじわらのみちなが)

みんな「の」が付きますよね。これは氏と言われるものです。
源平藤橘は高貴な家であることを証明する「氏」です。
ここから分家が発生していき、苗字が生まれます。

例えば源氏で有名な武田、佐竹を例にあげます。
武田、佐竹は共に源義家の弟源義光が祖です。

佐竹氏は初代当主とされる昌義が「佐竹郡」という場所に住み着いてのが始まりです。
武田氏も武田という場所に住んだのか始まりです。
ちなみに足利幕府を作った足利氏も足利を本拠とする源氏です。

佐竹、武田、足利は源氏です。源氏は「氏」です
苗字は住所みたいなものとイメージしてください。

源さんの武田と言う場所に住んでいるお侍=武田家です。
同様に佐竹と言う場所に住んでいる源氏の人=佐竹家です。

じゃあ氏と苗字どっちが先に来るのかと言うと、場所によります。
どんな風に違うのかは公家に対する文書と武家(部下)に対する文書で違いが出ます。

Sponsered Link

宮中の場合は苗字がない(公家用)

宮中とか公家社会です。ここでは苗字を使用しないで、氏の名前を使用します。
氏の名前は源、平、藤原が主に使用されていました。
宮中では最初に関白、右大臣、大納言などの官職名が名前の最初に持ってきます。

織田信長なら右大臣が最初に来ます。
次に平朝臣の氏の名前です。朝臣は平や源、藤原などとセットで覚えてください。

次に信長が来ます。

右大臣平朝臣信長となります。

あれ?織田の名前はどこにいったの?
普通に織田右大臣とか言うのではないかと思うかもしれません。

これは部下に対して名乗る場合だと考えてみてください。

最初に苗字が来る(武家、家臣団に対して)

ちょっと話がそれますが、大河ドラマで鎌倉時代のもとを見ると、
武士が名乗りをあげますよね。

「やあやあ~!我こそは~の住人で~の末裔~なり!」と名乗りますよね。
住所名乗って先祖を名乗って通称を言います。
これが覚えやすいのです。

最初に自分の住んでいる場所を名乗るです。ここ重要です。
武士の中では自らの住所を知ってもらうことが大事だったのではないでしょうか?
自分で開拓して、部下達を従わせている場所の名前ですからね。

で先ほどの右大臣平朝臣信長がありますけど、これの先頭に織田をつけます。
そうすると織田右大臣平朝臣信長です。

 

秀吉新しい氏「豊臣」を作る

戦国の世を天下統一を果たした豊臣秀吉ですが、秀吉は氏がありませんでした。
身分が百姓出身であることは有名ですよね。
全くのゼロから天下統一を果たした秀吉は日本史でも稀有な存在です。
有名大名のほとんどはみんな武家の息子として生まれてます。

本人は一応平氏を自称していましたが、これは主君の信長に倣ってのことです。
秀吉は源平藤橘を名乗らず、ここで新しい氏を作ってしまいます。
それが豊臣という氏です。

氏は「の」があります。平清盛はたいらのきよもりですよね。
だから豊臣秀吉は正しくは「とよとみのひでよし」と言うのが正式です。
氏が先頭に来ます。で、源氏、平氏と同様に。

豊臣秀吉(とよとみのひでよし)となります。

源平藤橘に代表される氏の名前と通常の苗字は違います。
これを義務教育で教えると、昔の人は外国人みたいにミドルネームなのかと生徒がパンクしますからね。

 

氏と苗字が違うものだとわかってくれましたかね?
それではでこぽんでした。

 

 - 日本史