【本の選び方】損をしない良い本との出会い方

   

出版不況と言われている最近の日本ですが、本は年間で8万部発行されています。東京ドーム何個分なのでしょうか?本屋にいけば何時でも新しい本が紹介されている環境・・・。こんなに多いとどの本を読んでいいのかよくわからなくなります。

1年間で8万冊読むことができる超人ならば、どの本が良いのかなんて悩む必要もありません。しかし、我々は普通の人ならやっぱり本を選択するのは避けて通ることはできないので、本を読むのに重要なスキルを身につけましょう。

何故なら自分にとって読んで良かったと思える本選びが大事だからです。

amazonで判断するのは無理

真由美
ネットで見たらいい本だと思ったのに、つまらない

タイトルだけで本の中身全部を理解できる人はいません。ちょっと説明しますね。

仮にあなたが本を購入しに出かけたとしましょう。

近くの本屋に行くと本が綺麗に並べています。本屋で最初に見るのは表紙とタイトルです。タイトルにはカラフルにデザインされて、こんなことが目に入ってくるでしょう。

  • この本を読んでだら1か月後に100%年収アップする方法
  • 絶対に身に付く日本の歴史~これで受験の心配なし~
  • 必ず女性の心を鷲掴みにするコミュ力~薔薇色の人生が待っている~

即興で私が考えたタイトルですが、(何全く読む気がしないだと!)タイトルの通りに上手くいかないのがほとんどです。おまけに内容も抽象的でよくわからない場合もあります。

表紙とタイトルを基準に消費者が本を選ぶことは売り手側である出版社はよくリサーチしています。どうしたら売れるのか、ベステセラーを作りたいと考えているのでタイトルで大きな理想、大袈裟な表現を用いるのです。

実際に見る時は本屋なら中身を確認できるケースもあります。しかし、ネットだと表紙しか確認できないことが多いです。

本をamazonで購入したら、全然面白くなかった、そもそも本の状態が悪くて捨ててしまったなどの事態になります。せっかく本を買ったのに気分は最低です。読書に対する嫌な思い出が残ってしまいことは非常に損だと言えます。

まず、本を買う時は表紙やタイトルだけで判断しないで中身を見てください。タイトルだけで買ってしまうことで失敗ばかりの人ならこれだけで良い本に出会える大きな一歩です。

「せっかくお金を払って買ったのに」「本を読んだ時間を返せ」という心の叫びが減るでしょう。

本を選ぶ時はタイトルだけで判断するのオススメしないことがわかってもらえたと思います。

では次に本のどこを見て、買うかどうかの判断基準を教えたいです。

まえがきを読んでみよう

本を開くと作者のまえがきが書いてあります。まえがきでは作者が重要なことを書くので絶対にちゃんと読んでください。

  • 本の難しさのレベル
  • 文章のスタイル
  • 主張したいこと

この3つが主に書かれています。本の難しさとはどんなことかというとこの本は小学生のために書いた本とか、理系の学生のために歴史をわかりやすく書いたとか、海外旅行がはじめての人のためとか・・・。どの人に読んで欲しいのか作者が宣言しています。

TOEICの本でも「この本は400点取るのに困っている人に書きました」とか。苦手でだなと思っている分野ならわかりやすく書いてある本を選択し、逆にこの分野のことが詳しいなら専門書を読めばOK。

あと本の難しさを判断する上で大事なことは理解できない単語が多い時です。世界史のことを勉強するのに地名や用語がわからないこと大変です。

真由美
インド洋ってどこ?トルコ?どこどこ?

こんな知識で簡単でない世界史の本を読めば、読んでも理解できない可能性が非常に高いです。まえがきを読んで理解不能な単語が多くあるなら、その本は読まない方がいいでしょう。

文章のスタイルですが、これは作者によって特徴があります。世の中色んな人がいるように、書き手も色んな人がいっぱいいるのです。

凄く攻撃な表現を好む人だったり、内容があっちいったりこっちいったり、やけに否定的に文章とか色々あります。

色んな文章の受け取り方はその時の考えた方であったり、気分に左右されます。絶対的なことは言えませんが、気分が落ち込んでいる時に、やけに攻撃な文章は読んでいていい気分になりません。

優しい、厳しい、攻撃的、否定的文章わかります。最初のまえがきである程度わかったら、あなたの好みで判断しましょう。

主張したいことは私はこの本でこう書きますと宣言します。もう学校の国語のテスト40文字以内に要約しなさいという答えをここに書いてあります。

「豪華船で楽しくめぐる地球一周の方法を実体験から教えます。」とかです。これ読んで海外旅行を安いコストで済ませたいと思っている人が読んでも効果はないでしょう。ただ豪華船で世界一周を夢見ているなら、楽しんで読める可能性が高いです。

まえがきを読むことでどんな作者で、どんなことを書きたいのか、どんな論調なのかわかります。言うなれば自己紹介みたいなものです。

まえがきで無理だなと判断したら、その本は見送りで構いません。無理に読んで心理的ストレスになるくらいのですから。

それに本は逃げたりすることはないので、また気になったら読んでみようと試してみればいいだけのことです。

Sponsered Link

まとめ

 

本は衝動買いしてしまう場合がありますが、まずはまえがきを読んみてください。特に読んで欲しい人、本のレベルについてまえがきでほとんどの書いてあります。

自分のレベル、読みたい内容と本のまえがきで書かれているレベルと一致するかを確認してください。

でこぽん
  1. 本はタイトルだけで判断しない
  2. まえがきを読んでから、読むかどうか判断する

覚えて欲しいことはこの2点です。

 - 読書