【青嶋、ブルーイレヴン暴走】第43回京成杯スズカドリームの感想

      2016/06/09

【青嶋、ブルーイレヴン暴走】第43回京成杯スズカドリームの感想

色んな意味でネタレースになってしまった第43回京成杯。このレースの勝ち馬となるスズカドリームはサイレンススズカの甥にあたるので、私はスズカドリームを応援していました。あともう1頭応援していたのはこのレースで話題となったブルーイレヴンです。

ブルーイレヴン大暴走、ひょっしたら

このレースでの1番人気は8枠12番のブルーイレヴン、単勝2,5倍。レースが始まると、各馬が第1コーナに向って走り、テレビから見えるレースはなんてことはない通常の光景でした。

はずだったのだが、外から一気に全ての馬をゴボウ抜きする勢いで1番人気のブルーイレヴンが狂ったように駆け抜けました。そしてその暴走に呼応するかのように青嶋に変なエンジンが。

青嶋
先に動いた形がブルーイレヴンか、ブルーイレヴン行った!ブルーイレヴン行った! いった!゙!!! 一気に先頭武豊ブルーイレヴン!!

\ゆ”た”か”ぁ”~”~”/

まるでメジロードーベルみたいにぶっ飛んでの大暴走です。もう3コーナーあたりまでブルーイレヴンは暴走を続けて、ありえないくらい着差を広げました。もう後続馬群からとても表現できないほどの差をブルーイレヴンは走りまくります。しかし、この後続との凄い差を見て、これはもしかしたらと思いました。

あれ?サイレンススズカみたいなレースなんだけど、これはひょっとするとこのまま押し切るのでは?

そうサイレンススズカのファンであった私はスズカドリームを見ると、スズカのことを考えていました。鞍上は武豊ですし、あの圧倒的な大逃げレースを期待しました。サッカーボーイも好きだったしと思っていると、最後の直線。

サイレンススズカであるなら、最後の直線でも脚は衰えません。

大轟沈!名前通りの11番

まあ、押し切れるわけありませんでした。最後の直線に入ると、ブルーイレヴンはあっという間に馬群に飲み込まれて、ズルズル後退する見事な逆噴射。サイレンススズカではなくツインターボーじゃないか!!

出てきたのは応援していたスズカドリームがブルーイレブンを抜いて先頭に躍り出ます。そのまま2着のテイエムリキサンを抑えて見事にスズカドリームが勝ちました。

ブルーイレヴンは名前のイレヴンの連想から11着の大敗。レース後、武豊は「この馬は横綱ほどの腕力がないと折り合うことはできません、僕には無理です」と嘆いていました。

Sponsered Link

 

思い出のレース

このレースからはクラシック馬は出ませんでした。そう言われてしまうと辛いですが、私にとっては思い出に残るレースとして心に刻んであります。

ブルーイレヴン、青嶋の大暴走よ、永遠に。

 

それでは、でこぽんでした。

 

 

 

 - 競馬, 青嶋