【第83回日本ダービー】マカヒキ1着、2着はサトノダイヤモンド

      2016/06/09

【第83回日本ダービー】マカヒキ1着、2着はサトノダイヤモンド【感想】

第83回の日本ダービーの勝ち馬はマカヒキでした。

おそらく負けるだろうと予想した、マカヒキ、サトノダイヤモンドとの決着でした。
見事なまでに外れたので、どうしようもありません。

2016年日本ダービー予想 マカヒキは名前がダサいから勝てない

2016日本ダービー予想 サトノダイヤモンドはダービー無理だろ

 

マカヒキ・・・1着
サトノダイヤモンド・・・2着
ディーマジェスティ・・・3着
エアスピネル・・・4着
リオンディーズ・・・5着

良い勝負だったよ。鼻差の叩きあいでね。

今回は日本ダービーの感想を。

 

川田が大外ブン回ししない!

 

今回マカヒキが勝ったのは、内から末脚を爆発させて勝利したことです。
今まで、マカヒキは大外からの直線一気の競馬で勝ってきました。

しかし、前走の皐月賞で内枠にも拘わらず、大外からの競馬をしました。
内枠なら好位置からの末脚でもいいのに、大外からのブン回しでした。

皐月での大外ブン回しを見て、マカヒキはダービーでも大外ブン回しで末脚を爆発させて届かないと予想。
しかも鞍上川田です。

 

おまけにダービー馬になるが「マカヒキ」なんてださいと思ってました。
けど、良く考えたらキングカメハメハの名前を付けたオーナーです。

お姉さんも「ウリウリ」だもんな。
それにしても締まらない名前だけど、そのうち慣れるだろうね。

ハープスターと同様に1着は無理と判断したのです。
しかも血統的に息の長い末脚は発揮できないとね。

しかし、結果は川田騎手は内に潜んで直線で末脚爆発。
おまけに東京の長い直線で脚は衰えず、サトノダイヤモンドを鼻差で封じて勝利。
見事なまでの名勝負を制して勝ちました。

川田騎手、おめでとうございます。

Sponsered Link

 

サトノダイヤモンドのど根性

 

私はサトノダイヤモンドは、まず血統的に2400mは辛い。
そして何よりもダービーでの最後の直線で根性が足りないと思ってました。

あんまりにも楽勝続きだったので、叩き合いになったら負けてしまうだろうと。

しかし、日本ダービーでのマカヒキとの叩き合いでは壮絶な勝負でした。
どっちが勝ったか私が見ていて判断不可能。

写真判定もわからず、今か今かと結果を見ました。

結果はマカヒキの勝利でしたが、サトノダイヤモンドの根性は素晴らしいものがありました。
私はマカヒキに馬体を合わせた時、根性がないからすぐに脱落するだろうな~と観戦。

やはりこのダービーに合わせて、調整を重ねだけのことはあります。
ストライドも大きいし、古馬になったら中距離で大暴れしそうです。

ダイヤの名を持つ馬がG1を勝てないというジンクスを打破して欲しいです。

 

落鉄してあの強さとは・・・凄い。

まとめ

マカヒキが勝ちました。
そして、上位5頭は皐月賞上位5頭と一緒です。
いかに皐月賞、ダービーでの勝ち馬が強かったかを思い知りました。

どの馬も相当強いので、古馬になってからが楽しみです。

それとも夏の上がり馬か表れるかドキドキ。

それでは、でこぽんでした。

 

 

 - 競馬, 日本ダービー