ダービー、発祥。ダービーの名前はバンベリーだったかもしれない

      2016/06/09

ダービー、発祥。ダービーの名前はバンベリーだったかもしれない

日本ダービー、イギリスダービー、イタリアダービー、ケンタッキーダービーなどなど
ダービーの名前は世界の競馬でも御馴染になってます。

3歳時の最高のレースで、競馬界では格別の意味があります。

それでは、ダービーの名前はどこからやって来たのでしょうか?

ダービーの始まりはイギリス

「ダービー」の歴史は1780年のイギリスから始まります。

創始者は第12代ダービー伯爵、エドワード・スタンリー氏が始めたました。
彼は「ダービー」創設の1年前(1779年)に「オークス」と言うレースを設立しています。
レースは性別を考慮して、3歳牝馬限定レースとしました。

何故「オークス」という名前だったのかは、ダービー伯の別荘が「オークス」だったからです。

日本なら、今でも3歳牝馬が世代の頂点を競って、東京競馬場で走ります。
貴族の家の名前が元ネタなんです。

この第1回「オークス」の開催に成功して、祝賀会で今度は翌年に3歳牡馬を集めたレースをしようと決意しました。

 

オークスは3歳牝馬2400mでした。
ダービーは3歳、牡馬、牝馬に共に挑戦できる3200mのレースにしました。
昔のダービーは3200mだったようです。今は2400mですけどね。

 

レースの名前や条件に関してダービー伯爵は競馬仲間のバンベリー伯爵と食事をしながら、相談しました。

レースの名称を「ダービー」か、それとも「バンベリー」にするか決めらなかったようです。
決まらないので、コイントスを行いました。

結果はダービーが勝ち、レースの名前は「ダービー」になったのです。
「ダービー」が負けたら、「バンベリー」になったかもしれません。

 

日本バンベリー・・・しっくりこない。 なんか微妙だから、ダービーがコイントスに勝利して良かったですよね。

 

こうして世界で権威のあるレースの名はコイントスでダービーと決定されました。

もっとも第1回ダービーで勝利したのは、コイントスで負けたバンベリー伯爵の持ち馬「ダイオメド」号です。

私はダービーの名前は王様がちゃんと決めたものだと思ってました。
よくわからないけど、ダービーの名前には特別な意味があるのではないだろうかと。
なんか神聖な意味とかあるとか思ってました。

 

Sponsered Link

 

まとめ

ダービーの起源は2人の貴族がコイントスで決めちゃったことなんですよ。
持ち馬集めて、レースを集めてやるのも大変なのによっぽど競馬を楽しんでいたのでしょうね。

イギリスではこんな言い伝えがあります。

「ダービー馬主は一国の主に値する」

ダービーを勝つということは、人、馬、競馬に関わる全ての人にとって大変貴重な体験なんです。

それでは、でこぽんでした。

 

 - 競馬