2016日本ダービー予想 サトノダイヤモンドはダービー無理だろ

      2016/06/09

2016日本ダービー予想 サトノダイヤモンドはダービー無理だろ

ダービーが始まります。
どの馬が勝つのか、予想するだけで楽しい毎日。

私が勝つと予想しているのはディーマジェスティです。

 

 

では、皐月賞一番人気だったサトノダイヤモンドに関しても予想します。

 

ダービーでのサトノダイヤモンドは凄い勝負根性だった。

 

血統的に不安すぎる

サトノダイヤモンドの血統を見てみましょう。

サトノダイヤモンド
ディープインパクトサンデーサイレンスHalo
Wishing Well
ウインドインハーヘアAlzao
Burghclere
マルペンサOrpenLure
Bonita Francita
Marsellaサザンヘイロー
Riviere

 

血統が全てすべてとは思っていませんが
いくらなんでも血統が軽すぎです。
まるでダービーを走りそうもありません。

 

ダービーを勝った馬は重い馬が血統内にいます。
リボー系、サドラー系、ニジンスキー系、スタミナがありそうな馬達です。
サトノダイヤモンドは血統的にスタミナなしと私は思ってます。

スタミナあるのディープインパクトしかいません、マジで。
いくら気性が良いからといって、2400Mも走るのかな?
そもそも2000Mすら長いのでは・・・。

 

優等生すぎる

サトノダイヤモンドを走りを見た時は2戦目の時でした。
その後のきらさぎ賞も見て感じたことは
競馬をよく知ってるなと。

 

まるで優等生みたいな競馬だとしみじみしながらね。
と当時にサトノダイヤモンドはノーザンでちゃんと教育されている馬だな~

 

確かにレースセンスは凄く、抜け出してからの脚は凄かったです。

 

ダービーは好位置からの抜け出しが大事ですからね。

ただし、どうもサトノダイヤモンドからは根性を感じることができません。
サラブレットは気性の激しさがマイナスになることもあればプラスになることもあります。


しかし、狂気にも似た闘争本能が必要です。

 

サトノダイヤモンドからはどうしてもレースの器用さばかり目立ちます。
この馬大人しくて勝負にあんまり向いてないのではと?考えています。

気持ち、闘争心が足りない馬に思えてなりません。

 

2億円良血馬のお坊ちゃんみたいな印象ですね。
ガムシャラに走る姿をダービーで見られるかな?

Sponsered Link

 

 

皐月1番人気で負けた馬のダービー制覇

サトノダイヤモンドは皐月賞1番人気で負けました。
過去に皐月賞1番人気で負けて馬は確か5頭います。(平成でね)

  • ウイニングチケット
  • スペシャルウィーク
  • アドマイヤベガ
  • タニノニギムレット
  • ロジユニヴァース

皐月賞1番人気で負けたけど、巻き返したダービー馬達です。

サトノダイヤモンドはこの5頭のように巻き返して
ダービー馬になれるのでしょうか?

サトノダイヤモンドは陣営があくまで
ダービーを狙っていることを公言しています。

そして皐月賞では体重増と
強風とハイペースに飲まれて、負けました。

なんとなく印象が重なるのは
ウイニングチケット
ロジユニヴァース
の2頭です。

この2頭のケースを検証してみました。

 

巻き返した馬との違い

 

ウイニングチケットはDVDを見たら、伊藤調教師が
実はあくまでダービー狙いで体重を余していたと言ってました。

皐月賞は直線伸びを欠いて負けてウイニングチケットは4着の結果でした。
しかし、息の長い脚を活かしてダービー馬になりました。

サトノダイヤモンドも一瞬のキレよりも息の長い末脚でしょう。
現にマカヒキよりも脚がキレるのかと言えば、微妙ですし。
ウイニングチケットも3強対決でしたね。

 

ロジユニヴァースの方は皐月賞ハイペースに巻き込まれて14着と大敗しました。
サトノダイヤモンドもハイペースが響いて負けたとのことです。

あくまでハイペースであった皐月賞はイレギュラーと捉えて
ロジユニヴァースは2番人気でダービーを制しました。

 

ただウイニングチケット、ロジユニヴァースのケースは
サトノダイヤモンドには該当しないと思います。

 

 

まず、ウイニングチケットに関してです。

ウイニングチケットは気性が荒い馬でした。
その気性の荒さがビワハヤヒデとの叩き合いでド根性により勝ちました。

それに母父マルゼンスキーに父トニービンです。
血統的に見て、ダービー走れる血統。

 

ロジユニヴァースの日本ダービーは雨が降って、極悪な不良馬場でした。
このダービーは特殊なダービーなので、あんまり参考になりません。

 

 

ダイヤの名はG1で輝かない

シーキングザダイヤという馬がいました。
シークングザパークの子供でG1級の能力をありながら
とうとうG1に勝つことが出来なかった馬です。

あとでTVを見ていたら、井崎の法則で
G1馬で「ダイヤ」の名のつく馬はいません。
平成以降で、調べてたけど1頭も存在しないのです。

 

そうダイヤの名前があるとどんなに強くても
G1を勝てないのです。
負けるしかない道はありません。

 

だいたい「ダイヤ」という名前は誰でも使用する名前です。
才能あふれる素質馬に付けたい名前ですから
私も競馬ゲームでよくダイヤの名前は付けます。

 

しかし、実際は「ダイヤ」は縁起が悪いようです。
日本、平成までの話ですが、ダイヤのG1馬は存在していません。

 

もうダービーどころか、ダイヤの呪いで
G1勝つこともできない可能性があります。

 

G1未勝利のジンクスをやぶれるのか興味深いですね。
(まあ、ダービーは無理だろうけど)

 

 

まとめ

サトノダイヤモンドは血統的には微妙で
勝負根性も今のところありそうにはないのが私の結論です。

だから、サトノダイヤモンドはダービー辛そうだな~と思ってます。

 

それでは、でこぽんでした。

 

 - 競馬, 日本ダービー