【観戦感想】マカヒキがニエル賞に出走。絶対勝つ

   

%e3%80%90%e8%a6%b3%e6%88%a6%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%80%91%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%92%e3%82%ad%e3%81%8c%e3%83%8b%e3%82%a8%e3%83%ab%e8%b3%9e%e3%81%ab%e5%87%ba%e8%b5%b0%e3%80%82%e8%b2%a0%e3%81%91%e3%82%8b

数々の名馬が挑戦した凱旋門賞制覇。しかし未だに日本馬の勝利はありません。そして今年はダービー馬のマカヒキが凱旋門賞の前哨戦であるニエル賞に出走します。相手はかなり格下なので勝って当然の空気。

GⅢが対抗とか、余裕

ダービー馬のマカヒキが凱旋門賞のステップレースであるニエル賞に出走します。出頭数は5頭で相手は格下のみ相手の最高戦績はイギリスでGⅢを制したミッドタームで他3頭は重賞未勝利。

ディーマジェスティやサトノダイヤモンドとクラシックで激戦を重ねたマカヒキならば絶対に能力は上です。負けるとすればもう馬場適性しか考えられません。問題なのはシャンティイの馬場に合うかどうかです。

あとヨーロッパの競馬場の違いとレーススタイルの違いがどれだけ対応できるのです。しかしそれにしても今回の相手はいくらなんでも相手が弱すぎます。海外遠征の不利があることはわかっていますが、能力差で楽勝です。

現地でもマカヒキの評価は1,44倍と圧倒的。勝って当然と思われるので、勝つだけでなくどれだけ内容の良い勝ち方をするのかを期待してみてます。勝って今年のダービー馬である力、そして世代の力を世界に見せつけてしまえ。

ぶっちゃけGⅡにも勝っていない相手に負けているのでは、凱旋門賞で戦う強敵にはとても相手にならんでしょう。圧勝して競馬ニュースのトップを飾ってください、マカヒキ。収穫万歳。

まあ負けても2着でしょう。もしボロ負けしたらショックで今日眠れるのか心配です。頑張れ、マカヒキ。

Sponsered Link

ニエル賞勝利の差し切り

グリーンチャンネルでニエル賞を見ました。結果は最後の直線で計ったように差し切りました。エイシンヒカリのように着差を付けたの勝利ではなかったのですが、ステップレースなんだから全力で走っても意味ないからね。

クメールも鞭を2発放っただけであとはみせ鞭。内で粘っていたミッドタームを問題なく差しました。今回はレースやコースにも対応したように見えますし、走った後も余裕でマカヒキは流していました。

久々の実戦、4か月ぶりの走り、初めての環境にも対応しての完勝です。これは凱旋門賞勝利も近いかもしれません。やったぜ。

 

 

 - 競馬