【犬伏の別れ】何故真田親子は敵味方に別れたのか?

   

【犬伏の別れ】何故真田親子は敵味方に別れたのか?

関ヶ原の戦いが始まる前に、真田昌幸、真田信幸、真田幸村の3人は下野国犬伏で東軍、西軍に別れることになります。お互いの将来のことで激しい議論をしたことになってますが、婚姻関係や立場を考慮するとそれぞれの行動は自然なものでした。

それでは、3人の立場を解説したいです。

 

真田信幸の立場

真田信幸は父親である真田昌幸から独立した大名でした。沼田の地を北条氏滅亡の後に与えられ、関東支配を任せられた徳川家康の支配下に属します。沼田の支配は父から完全に独立していました。書状でも昌幸の沼田支配のものはなく、信幸のものがほとんどです。

秀吉政権時は兵役、検地、領内の掟を信幸はしていました。昌幸は本領である真田を統治しているだけで沼田には関与していません。

しかも真田信幸は本多忠勝の娘である小松姫を正室に迎えています。小松姫は忠勝の娘であり、家康の養女でもありました。徳川氏の一門関係を結んでいました。

徳川にとって沼田は重要な拠点です。家康の領土の中で真田信幸が統治していた沼田は北関東の要所でもあり、対越後の大名に対する前線拠点に位置されます。

家康としても信幸は裏切ることはないと信頼していたのではないかと私は思います。まさか最前線に裏切りそうな奴を置いたりしないはずです。もう昌幸で痛い目を見てますし。

話がそれてしまいましたが、真田信幸は父昌幸から独立しており、徳川の一門であり、要所沼田の支配を担当していた。そういった立場から徳川家康が大将の東軍に属すことを決意しました。

真田幸村の立場

幸村はなんといっても正室に大谷吉継の娘である竹林院を迎えています。大谷吉継は西軍に属している武将です。幸村は豊臣秀吉のもとで人質として送られ、その後仕えることになりました。大河ドラマを見ている人なら豊臣家の人達と関わっているのを見たことがあるかと。

あと幸村は豊臣政権時代にどの領土を持っていたかのかが不明なので、一説によると昌幸の領土から借りていたとも言われています。生活するには領土から収入を得ないとやってられませんからね。この話が本当ならば兄信幸と違って幸村は父昌幸に従うのは当然の流れになるでしょう。

Sponsered Link

真田昌幸の立場

昌幸は小田原合戦の後に正式に真田の領土を豊臣政権に認められて大名として独立しました。真田昌幸は息子達と違い、婚姻関係は私はないと考えています。

ATTENTION

真田昌幸の正室山手殿が三成の縁者であるといわれていますが、確定していません。

血縁関係出ないなら、もう西軍についた時のほうが領土を拡大できると予想したからです。領土拡大のチャンスじゃと息まいたことでしょう。東軍についても領土拡大は望めそうもなく、西軍ならもしかしてと思ったことでしょう。事実西軍に付いたら三成から領土を信州から甲州までの領土を約束されます。

信州から甲斐は徳川家康が支配していたので、多くが東軍につきました。昌幸としては北信濃、南信濃を抑えて信濃の統一をしたい野望に賭けたのだと思います。大博打を仕掛けたのです。

まとめ

信幸は徳川と深い関係でありました。なんといっても小松姫を正室に迎え、昌幸から自立しています。東軍に味方するのは普通です。幸村も大名して領地経営の経験もなく、大谷吉継の娘を正室なので西軍に付くのは当然です。

昌幸は正室である山手殿の存在が不確定なので、血縁関係からはなんといも言えません。領土拡大のために西軍に付いたのが理由ではないでしょうか?

 

 

 - 日本史, 歴史