仕事馬鹿にはなるな!受験で世話になった塾講師はまさにプライベート廃人だった。

   

(参考ページ:プロブロガーは目指しちゃダメ。ゼッタイ。
プライベート廃人とは仕事に打ち込みすぎて私生活が完全に終わっていることを表す。どの程度その塾講師が働いていたかを私が紹介します。 アルバイトをしている時に気が付いたことです。
塾講師の仕事とは皆さんどのようなことを想像しますか?大多数の人は生徒に勉強を教えるだけと思っているでしょうが、それだけではありません。 時間の管理、教材の編集、管理、親御さんとの面談、教室の管理、ゴミの掃除、片付け、講師の育成、模試の申し込み、会議、塾の広告作りなどなど・・・。こんなに多くあります。生徒の時は知らなかったので私は面喰いました。しかも私の恩師はもっと凄かった。ちなみに中・高校受験の塾です。
私の恩師は塾の校長でした。塾の始まる時間は3時からでした。しかも受験シーズンの忙しい時は受験生が学校に行かないで塾に早めに来ていました。たしかお昼には来ていたので1時から塾が空いているとの話でした。生徒が塾に来るのですから先生がいないわけにはいきません。夏までは3時からで受験が本格化する秋からは1時から塾は開校していました。そして3時半から小学校低
学年の授業が始まり高校受験の授業は7時から始まります。授業は生徒も受験に真剣なので先生も当然ながら本気で教えます。しかも残って勉強をする生徒がいますので11時らいまで生徒を教えます。やばいです。もう既に10時間労働です。この後に教室の掃除もします。そして帰宅するのは12時ぐらいでしょう。しかも校長なので昼に会議があります。一体いつ休んでいるのでしょうか?給料を使う時間などありません。しかも休みは日曜と月曜ですが、どちらかは会議だと言っていました。その先生は私がアルバイトをしている時に体調を崩して休職しました。
bsOOK3S0520140830182047

まとめてみますと労働時間は13時から23時まで。休みはほとんどない状態です。私はこの話を聞いて思わずこう思いました。「人間として扱われていない、こんなに働いるのに遊ぶ時間もないなんて」 。そして聞きました。
私「先生、何故こんなにまで働くことができるのですか?家庭のことはいいのですか」と尋ねました。
すると先生は「生徒を教えるのが好きだし、家では寝るだけだね。お金は使う暇もないね」と笑顔で言われました。
私は絶句しました。 もう本当にビックリしました。自分の境遇に対する不満も言わず今の仕事に満足しているようでした。
いくら好きな仕事であろうともこんなにする必要があるのだろうか?私にはないと思いました。当然ですが誰にだって趣味があります。好きな時間に好きなことをする。これがないとなんのために生きているのかわからなくなります。仕事馬鹿にだけはならないでください。よろしくお願いします。
 

 - 未分類