三田製麺所の灼熱

   

三田製麺所の灼熱

辛いラーメンで有名な三田製麺所の遮熱激辛ラーメン・・・。食べた時の感想を思い出して述べさせてもらいます。

そもそも何故食べようと思ったかというと友達に誘われたからです。なんとなく三田製麺もつけ麺で有名なお店ですし間違いはないだろうと思って食べに行ったのです。自分は辛いの好きですしいけると思って頼んでみました。どうせなら大盛で注文してしまった。まぁ・・・この時は余裕だろ、「ヘイヘイカモ~ン」状態でした。
注文した灼熱のつけ麺を見て思ったことは「赤い・・・テレビで見るマグマみたいなだな」と思いました。一瞬食べるのを躊躇しましたが、どうにでもなれと思い食べました。
が唇に麺が触れただけで口が結構ヒリヒリした。最初はつけ麺なので麺自体に辛みがないのでなんとか勢いで食えるのですが、でガッツリ食べられるそうだったのだが、途中からキツいです。苦痛にあえぎます。なんか腹の底にずっしりとそして辛味がピリピリと溜まります。
なんとなく当時の回想唇いてぇ・・・、でも食える。舌も微妙に辛みが来てる。でも胃袋が拒絶してる・・・。これはやべぇぜ・・・(以降繰り返し。)ちくしょ・・・残すわけにはいかない。まだあるよ・・・。微妙に辛さが増してるよ。おい
なんとか食べ終わってよく食えたものだと思いました。やはり辛すぎる食べ物はよくないな思いまたこれからチャレンジ精神いや蛮勇を発揮しないで本当に食べたいものを食べようと思いした。
がしかしこの辛さは尋常ではありません。苦痛は食べ終わってからが本番でした。食後2時間ぐらい過ぎたあたりでなんだか胃が変になります。腹の中で食道から腸まで辛味成分が通って行くのを感じて体が震えだします。夜はトイレとお友達になれるほどでした。もうトイレに入りぱなっしです。ちなみに、もう死ぬんじゃないかと思うくらいトイレの痛みで意識が遠のき出すところからでもからさを味わう。異次元の体験をしてしまいました。

皆さん・・・自分の体と相談して食事をしましょう・・・。 

 - 日記